2013年07月18日

憲法改正について国民的合意が形成されていることを確認するための目安を探る

2013-05-25 10:46:16

テーマ:憲法2


なんのかんの言っても、世論調査は大事である。
世論を無視して憲法改正をいくら声高に主張しても、国民がついてこないのであればピエロになってしまう。

憲法改正については世論調査を繰り返して、国民的合意が成立しているな、と思えるほどになってから具体的な憲法改正の作業に入るのが穏当である。
今は、その時期に非ず。

日一日と憲法改正の機運が遠のいているように思う。

しかし、だからと言って、憲法の改正が無理だから憲法の解釈の方を変えようなどといった無理筋に持っていかれるのも困る。
いくら大事な憲法であっても不具合なところはあるのだから、基本的には時代に合わせて憲法も変えてもらいたい。

自民党は、具体的に改憲草案を提示して国民に憲法改正の必要を説いているが、自民党の改憲草案はどうもあまり魅力的ではない。
多分この案では憲法改正について国民的合意を形成することは無理だろうと思っている。
自民党の改憲草案は、憲法改正について国民的合意を形成するための一つの叩かれ台だぐらいな感覚で今後の憲法改正議論の遡上に乗せるのがいい。

どんなことでも叩き台、叩かれ台がないと議論の集約が進まないものだ。
大変な努力をして改憲草案を作成された皆さんには申し訳ないが、この際自民党改憲草案は叩かれ台を一手に引き受けていただきたい。

さて、問題は、どんな状況になったら憲法改正について国民的な合意が成立したと言えるようになるかということである。

憲法の改正に賛成という人が国民の過半数でなければいけないが、過半数は過半数でも憲法の改正に賛成が51で反対が49、などということではいけない。
過半数が賛成で、よく分からないが30、反対が10くらいのバランスがほどほどである。
このくらいになれば、まあ憲法改正についての国民的合意が整った、と言ってよいのではないだろうか。

自民党がこれからやるべきことは、国民の過半数が支持し、反対は精々が国民の1割程度のところまでになるようなマイルドな新たな改憲草案を作り上げることだ。
一部の人だけで作り上げた自民党の改憲草案を絶対視したり、これに固執し過ぎないことだ。
posted by 憲法フォーラム at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。