2013年06月30日

憲法改正国民会議を起ち上げよう(再掲)

2013-04-24 10:29:38

テーマ:憲法

憲法改正論議を不毛かつ深刻な議論にさせないために、憲法改正国民会議の設置を急ごう
思わずハタと膝を打った。

憲法の改正は必至だが、自民党の改憲構想はどうも国民の多数の憲法感覚、皮膚感覚と乖離したところがあり、憲法9条の改正による国防軍の創設等国家主義的傾向が表に現われすぎて危うい。
もう少し憲法改正について国民的な合意を形成することに力を入れるべきだが、今の自民党の中にはほどほどのブレーキを掛ける人がいないようだ。

ちょっと暴走気味だなあ、そろそろどこかでブレーキをかけておいた方がいいのだがさてどうしたらいいだろうか。
そんなことを思っていたら、大阪の橋下氏がほどほどのことを言い出した。
同じ弁護士だということでもともと親近感があるのかも知れないが、私は橋下氏ぐらいの物の考え方がしっくりくる。

今憲法改正を争点化して自民党が参議院選挙に大勝したとしても、これでもって国民が本当に自民党の憲法草案を下敷きにした憲法の改正を積極的に支持したということにはならないだろう、というのが私の見解である。

おそらく7月の参議院選挙の投票率は60パーセント台になるだろうと予測している。
自民党の得票率が投票総数の35パーセントから50パーセントの範囲内だということになると、有権者の2割から3割ぐらいの支持で大勝しただけ、ということになる。

投票者数ではなく、総有権者の過半数が自民党の候補者に投票したというのであれば自民党の改憲草案が支持された、と言って胸を張ってもいいのかも知れないが、自民党の改憲草案を支持するから自民党の候補者に投票する、という有権者はまだそれほど多くないはずだ。
憲法改正を参議院選挙の争点にする、といくら力んでも、今回の参議院選挙では憲法改正の賛否が直接有権者の投票行動を左右するような状況ではない。

自民党は参議院選挙で勝利するだろうが、今回の参議院選挙で憲法改正問題について国民の意思が示されたとか、憲法改正案についての国民的合意が成立したとは必ずしも言えない。
やはり参議院選挙とは切り離して、憲法改正問題について国民の意思を問うのがいいのではないだろうか。

これが私の意見であるが、大阪の橋下氏が昨日記者会見で同様のことを提案したことを知った。

私は本年1月の段階で憲法改正国民会議の設立の必要を訴えたことがあるが、橋下氏は国会に憲法改正国民会議を設置することを提唱している。
民間憲法改正国民会議の設立は容易なことではないが、国会に憲法改正国民会議を設立するのであれば、立法府の決断一つでいつでも出来る。

これがいい。

憲法改正国民会議を設置して憲法改正について国民的議論を巻き起こしたうえで憲法改正の可否について国民投票を実施する、いわば憲法改正についての予備的国民投票である。

大阪の橋下氏は国会での憲法論議には一度も参加したことがないが、本能的に憲法改正論議の落としどころが分かるようだ。
どうやら橋下氏の直観は正しそうである。

憲法改正論議を不毛かつ深刻な議論にしないために、国会に憲法改正国民会議を設置するという橋下氏の提案に全面的に賛成する。
橋下氏はどうやらほどほどの憲法感覚を持っているようだ。

参考:毎日新聞配信記事
「<橋下共同代表>「憲法96条改正 3年で結論」
毎日新聞 4月23日(火)2時31分配信

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は22日、毎日新聞のインタビューに応じ、改憲手続きを定めた憲法96条の改正について「(立法権など)三権から独立した『憲法改正国民会議』を作り議論すべきだ」と述べ、国民各層の代表者らで構成する会議を新設し改正案をまとめるべきだと表明した。そのうえで「次の衆院選(任期満了2016年12月)までの間に改正したい」と述べ、3年程度かけて96条改正のための国民投票の実施まで目指す意向を示した。

 橋下氏は、96条が改憲の発議要件を衆参各院の「総議員の3分の2以上の賛成」としていることに「3分の2の発議で国民投票にかけることは(困難で)、国民主権を完全に封印している規定だ」と指摘。「日本の憲法改正規定の特徴は国民投票に付すこと。発議を3分の2で縛ることは違う」とも述べ、発議要件のあり方について国民会議で議論すべきだと主張した。

 自民党は発議要件を2分の1に引き下げる96条改正案を早ければ秋の臨時国会にも提出する構えを見せているが、橋下氏は「現実的ではない。96条の制度設計だけで1年から2年かかる」と否定的な見方を示した。
 橋下氏はまた、「全文改正で憲法改正をやることは無理だと思う。米国型の逐条の修正が限界だ。全文改正では国民のコンセンサスは取れない」と述べ、維新として新憲法案の策定を目指す考えはないとした。

 9条改正は「安全保障や国際社会観は安倍(晋三)首相と共通している」としたものの、維新としては道州制などの統治機構改革に優先して取り組むと強調。改憲を軸にした自民党との連立を「連立は行政権の執行に関するもの。憲法改正は内閣提案の話ではない」と否定した。【木下訓明】」
posted by 憲法フォーラム at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

憲法フォーラム 第20回

posted by 憲法フォーラム at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第19回

posted by 憲法フォーラム at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第17回

posted by 憲法フォーラム at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第15回目

posted by 憲法フォーラム at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第14回 

posted by 憲法フォーラム at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第13回

posted by 憲法フォーラム at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第12回

posted by 憲法フォーラム at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第11回

posted by 憲法フォーラム at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第10回

posted by 憲法フォーラム at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第9回

posted by 憲法フォーラム at 10:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第8回

posted by 憲法フォーラム at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第7回

posted by 憲法フォーラム at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第6回

posted by 憲法フォーラム at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

憲法を考える視点ー講演レジメから

「ふーん、という感じである。

明日の講演のレジメをようやく作り上げた。
パワーポイントで作成したから、結構中身がありそうに見える。
私が昨年12月以来書いてきた憲法に関するブログを数えたら77に上っていたから、私が自分で書いてきたことなら何でも話は出来る。
ブログを書く時は一々ジャンルを特定しないで書いてきたが、時にはジャンルを整理してみるのもいいものだ。
まとめて読むとそれなりに読める。
順序を入れ替えるだけで、結構それなりに主要な論点に言及していることが分かる。
憲法というジャンルを今日作ってみたので、憲法に関心のある方は是非見ていただきたい。

もっとも私には重大な欠陥がある。
記憶力、暗記力が乏しくなっており、正確な資料がないとつい間違ったことを言いだしかねないことである。
考えるヒントぐらいなら十分役に立つが、私が言ったことを鵜呑みにはしないことだ。
諸外国の憲法改正の細かい回数や改正内容などとんと頭に残っていないから、多分本番ではパスしてしまうはずだ。
しかし、多分私の話に興味を持ってくださる人は多いはずだ。
私に講演の依頼をされてきた茨城県議会議員の青山大人氏には今、メールでレジメを送付したところだ。

出来なかったことが、ついに出来るようになった。
大変なものである。
ちなみに、私がこのレジメに標題だけ書いておいた私のブログ記事は、次のとおりである。

1 憲法の最高法規性、権威を希釈化させる廃憲論、憲法無効論、解釈改憲論等の危険性
2 ポツダム宣言受諾に基づく日本の約束の履行としての側面もある新憲法の制定だが・・・
3 違憲の選挙で選ばれた違憲の議員と揶揄される議員で構成された国会が憲法改正の発議?
4 国家緊急権に関する国会図書館の研究成果を国政に反映しないのは、実に勿体ない話
5 自衛隊を自衛軍や国防軍にしない理由
6 想定出来ない事態を想定してそれなりに対処出来るようにするための工夫あれこれ
7 憲法改正には限界があるかどうかという議論の背景にあるもの
8 自民党の憲法改正草案を単なる叩き台にしてしまう石破幹事長を支持する
9 読まずに投票するか、投票に行かない国民が多い時の憲法改正国民投票の効力は?
10 憲法改正を共通の国民的課題にするための工夫ー非常事態条項の追加だけを提起する
11 裁判所の違憲立法審査権を否定するための国会内憲法裁判所創設の議論は筋違い
12 憲法の改正というよりも、憲法を改正することが出来るような柔軟な社会にすることが大事
13 憲法改正について国民的合意が形成されていることを確認するための目安を探る
14 消失した憲法改正の機運
15 憲法を語るときは出来るだけやさしく、分かりやすく、納得しやすくすることが肝心
16 選挙運動よりも国民投票運動の方が健康的かつ生産的でいい
17 護憲的改憲論だけが改憲への道を拓く」

「早川忠孝の一念発起・日々新たなり」の5月25日付け記事の引用である。
何となく現在の憲法問題の所在が分かるようにしたつもりだ。

posted by 憲法フォーラム at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第5回目

posted by 憲法フォーラム at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第4回目

posted by 憲法フォーラム at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラム 第1回 

posted by 憲法フォーラム at 14:13| Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

動態的憲法研究のまえがき

日本は、昨年12月の衆議院選挙で誕生した自民党安倍新内閣の下で、2011年3月11日の東日本大震災に端を発した混迷と災厄の時代を抜け出し、ようやく本格的再生の時代に突入したように思われる。
動かない政治が動き出した。
決められない政治が決める政治になってきた。
長らく不透明だと言われてきた時代が、少しだけ先が見透せるようになってきた。
そういう時に、「動態的憲法研究」という名を冠した新しい本を上梓することになった。
動態的憲法研究は、憲法判例の研究でも、比較憲法研究でも、さらには憲法制定史の研究でもない。
もちろん憲法典の解釈学でもない。
私たちの目の前にある、あらゆる憲法事象について総合的に考察しようというのが私たちの言う動態的憲法研究である。憲法政策学、憲法政治学、憲法社会学という名前の方がよりふさわしいかも知れないが、私たちはあえて動態的憲法研究と呼んでいる。

この本で取り上げられているテーマは、昨年12月に発足した動態的憲法研究会で取り上げられた最近の日本の憲法事象に関わるものばかりである。
動態的憲法研究会は、既に回を重ねて26回目になっている。
この本が書店に並ぶ頃には優に30回を超えていると思われるが、この本に書かれている内容は、昨年の12月頃から本年6月までの間に戦わされてきた国会の内外における様々な憲法論議を色濃く反映したものになっているはずである。

憲法を語ることは、現在の日本の政治を語ることであり、すなわち「日本」を語ることである。
この書を読めば、今の日本の政治状況、憲法を取り巻く状況が手に取るようにお分かりになるはずである。
これまで憲法は、一人一人の国民にとって実に遠い存在だったと思う。
多くの国民は憲法を語ることに倦んでおり、憲法論議にはいささか食傷気味だったのではないかと思われる。
しかし、ここに来て、憲法が多くの国民にとってずいぶん身近な存在に感じられるようになったはずだ。

憲法改正についての賛否はさておき、憲法について国会議員もマスコミもさらには一般の国民も実によく語るようになってきた。
憲法改正を唱える声が高まるとともに、憲法改正を阻止しようという声もまた大きくなっている。
憲法を語らない時代から、憲法を語る時代に転換したと言っていいだろう。
そういう時代背景の中で上梓されるのが、この「動態的憲法研究」である。
この本の中には、現在の日本の政治状況、すなわち現在の「日本」がギッシリと詰まっている。

既に憲法の制定から67年、施行から66年の歳月が流れている。
これまでも様々な憲法論議が展開されてきたが、この間憲法改正についての国民的合意は一向に形成されず、これまでの憲法論議はすべて国民に何も齎さない不毛のものに終わっていた。
しかし、今や日本の政治状況は大きく変化している。
これまでは憲法改正の発議条件を満足させるような政治的状況が現出しなかったこともあって、一度も憲法改正の発議がなされてこなかったが、この度の参議院選挙の結果次第では、いよいよ憲法改正の発議がなされるかも知れない。

憲法改正に向けて日本がまさに大きく一歩前に足を踏み出そうとしている、と言っていいだろう。
こういう時に、衆議院の憲法調査会委員等を務めたことのある自民党の元衆議院議員がどういうことを言うか、さらに、民主党の衆議院議員の政策秘書を務めたことがあり、衆議院及び参議院の憲法調査特別委員会の公聴会で公述人を務めたこともある、『Q&A解説・憲法改正国民投票法』という著作もある憲法研究者がどういうことを言うか、を知ることにはそれなりの意義があるはずだ。

本書の序章と第三章は慶応義塾大学大学院法学研究科で憲法を講じている南部義典が担当し、第二章は衆議院憲法調査会、衆議院憲法調査特別委員会の委員を務めたことがある元衆議院議員で元東京弁護士会副会長の弁護士早川忠孝が担当した。

それぞれの書きぶりは大きく異なるが、訴えていることは基本的に共通している。
憲法改正についての国民的合意の形成に努めよ。
憲法改正手続き条項の改正のみを先行させるような姑息なことはしてはならない。
憲法改正国民投票法の制定時に定められた3つの宿題は、ちゃんと片付けるべし。

簡単なことだ。

なお、早川は、これまでPHPパブリッシング社から「天女との語らい」シリーズ全4巻、「早川忠孝の先読みライブラリー」本巻全6巻、別巻全4巻を出版してきたが、本書はビヨンドXプロジェクト「時を刻む」シリーズの第1巻として発行することとした。
これからも、それぞれの時代を色濃く反映するようなテーマを選んで、発信を続けていく所存である。

平成二五年六月吉日
  
    動態的憲法研究会代表 早川 忠孝
posted by 憲法フォーラム at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋口には、動態的憲法研究という本を出版する

南部義典氏の原稿に目を通した。
これで動態的憲法研究の原稿は、すべて出版社にお渡しした。
順調にいけば8月に書店に並ぶが、先日の打ち合わせでは9月10日前後に出版だと考えておいた方がよさそうだ。

柔の早川、剛の南部、と言ったところか。

私の書くものはあくまで一般の方々が憲法に取っ付きやすくするためのものだから、憲法研究者の目から見たら単なる雑文である。
憲法研究者の研究を左右するようなものはどこにもないから、私の文章だけでは読んだらそれでお終い、あっそー、で終わる。
それでも、憲法に関心がある人の議論を誘い易いように書いてあるから憲法を考えようとする人にはそれなりに役に立つはずだ。
それが証拠に、憲法についての私のブログ記事については随分大勢の方がコメントを寄越していただいた。
一般の方が憲法について考えるヒントぐらいにはなるだろう。
慶応大学法学部の大学院で憲法を講じている南部氏はそうはいかない。
動態的憲法研究の見本のような文章をしっかり書いておられる。
データーもしっかりしている。
これなら他の憲法研究者が引用したり、批判的検証の対象にしてもおかしくない。

そういう二人の共著として動態的憲法研究という本を出す。

本当は今年の憲法記念日の直前に本を出すつもりだったが、今となってはバタバタと本を出さなくてよかったと思っている。
参議院選挙が終わって、秋の臨時国会が召集される前後から本格的な憲法改正論議が始まるように思っている。
国会はまだ幕を閉じていないが、実際は開店休業状態で憲法についての議論などどこかに吹っ飛んで行ってしまった。
秋の臨時国会で憲法論議が盛んになる頃は、また一から、ということにもなりかねない。
そういう時のために、この半年間の記録を残しておくことには意味がありそうだ。
posted by 憲法フォーラム at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動態的憲法研究会と憲法フォーラム

動態的憲法研究会と憲法フォーラムの専用ホームページを作成した。
憲法フォーラムと動態的憲法研究会は同日に開催されてきたが、動態的憲法研究会の映像はない。
勉強になるのは動態的憲法研究会の方で、憲法フォーラムの方は憲法を国民に身近なものにするという趣旨で開催してきたから、専門家の方々から見るとレベルが今一つ、というところだろう。
しかし、憲法フォーラムの映像も1回1回を切り離して見ればそう大したことはないように見えるだろうが、纏めて見るとそれなりに面白い。
文章で読むのもいいが、時には映像だけで楽しむのもいい。

最近は頭の回転が鈍ってきており滑舌がよくないが、なるべく平易に憲法を語ってみようという試み自体はそれなりに評価してもらえるのではないだろうかと思っている。
posted by 憲法フォーラム at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法フォーラムのブログの開設に当たって

これまで「早川忠孝の一念発起・日々新たなり」に書いてきた記事の内、憲法フォーラムに関するものを取り上げ、読みやすくするためにこのブログを開設することにした。
まずは私たちの憲法フォーラムの活動状況を映像で確認いただきたい。
posted by 憲法フォーラム at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。